【スクリーンショット】(クリックで拡大)

        

このアプリの説明文

2013年11月29日(日本時間)に太陽に最接近。11月〜12月の明け方の空で肉眼でも見られるほどの明るさになると予想されている「アイソン彗星」を観察するのに役立つアプリ。太陽系モードで彗星の動きを、地上モードで彗星の見える位置を確認して観察してください。
iステラがインストールされていないiPhone、iPod touch 上では、iステラの広告が表示されます。(iPad をご利用の場合には、iステラHD の広告が表示されます。)

・主な機能

■太陽系モード
-太陽系を俯瞰した表示で、アイソン彗星の軌道上の移動を確認
-日時スライダを使って、アイソン彗星の移動の様子をわかりやすく表示
-日時は2012年12月1日〜2014年1月28日の間で自由に変更

■地上モード
-電子コンパスとジャイロセンサーまたは加速度センサーを使って、端末をかざした方向の星空を表示
-日時を2013年8月1日〜2014年3月31日の間で自由に変更

(注意)画面を指でスライドするとセンサーが無効になり、星図の中心を自由に移動できます。再度センサーを有効にするには、端末を上方向(空に向けて)にかざしてください。

・対応機種・OS
-iOS5.1以降が動作するiPhone/iPad/iPad touch(Retina対応)

【レビュー】 おすすめ度 ★★★★☆

本格的な寒さを迎えつつあり、2013年も残すところ1ヶ月ちょっと!

2013年は彗星の当たり年と騒がれていましたが、皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか?

2013年、パンスターズ彗星と並んで話題になっていた彗星、そう!「アイソン彗星」が今月末の太陽最接近に向けて輝きを増しているんだそう!

彗星YEARの締めくくり!
大本命と言われた「アイソン彗星」がいよいよ太陽へと、そして地球へと近づいて参りますぞ!

今回ご紹介するアプリ『アイソン彗星を見よう』は、そんな「アイソン彗星」を観察するのに役立つiPhoneアプリです!

搭載されている主なモードは、「太陽系モード」と「地上モード」に加え、「観察スポット」というユーザーからの「見えた」「見えなかった」などの投稿機能があります!

■ 【太陽系モード】

太陽系を俯瞰した表示で、アイソン彗星がどのような軌道を描いて移動していくのかがわかるというもの!

日時は2012/12/01~2014/01/28の間で自由に変更することが可能な上、日時スライダーを使って、アイソン彗星が移動していく様子をわかりやすく表示してくれます!

■ 【地上モード】

電子コンパスと加速度センサーを使って、端末をかざした方向の星空を表示できます!

■ 【観察スポット】

日本地図が表示されており、各県の上に「ピン」が立っています!
ピンをタップすることで、

・見えた!(2013/11/23) -双眼鏡で確認できました。
・見えなかった…(2013/11/24) -上空で晴れるも、水平線に雲があって見れませんでした。

などの気になる情報や、このアプリでしか入手できそうになさそうな役立つ情報をチェックすることができますよ!

11月~12月の明け方の空で肉眼でも見られるほどの明るさになると予想されているアイソン彗星。

是非皆さんもこのアプリをダウンロードして、2013年の彗星YEARをバッチリ締めくくってみてください!

アプリ名:アイソン彗星を見よう
掲載時の価格:無料
容量:18.1 MB
バージョン:1.0.4
開発者:AstroArts Inc.
カテゴリー:辞書/辞典/その他
リリース日or更新日:2013/11/14
対応機種:iOS 5.1 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み

このアプリをダウンロード