【スクリーンショット】(クリックで拡大)

        

このアプリの説明文

さくらは染井吉野(そめいよしの)だけだと思っていませんか?
・麒麟(きりん)
・手弱女(たおやめ)
・鬱金(うこん)
・楊貴妃(ようきひ)
これらは全てさくらの名前です。

染井吉野の起源を探った研究者が国立遺伝学研究所内に遺した、さくらの特性をまとめた本「遺伝研のさくら/発行元:財団法人遺伝学普及会」をアプリケーション化しました。150品種以上の貴重なさくらを収録しております。厳選されたさくらの美しい写真は一見の価値があります。また花びらの数などの詳細なデータは今まで知らなかったさくらの魅力に気づかせてくれます。

さくらについて50年以上にわたって蓄積・研究を行っている財団法人遺伝学普及会監修のもと作成された、一般の方・専門の方どちらもお楽しみいただける、今春一番の注目図鑑アプリです。

【主な機能の紹介】
・国立遺伝学研究所(略称:遺伝研)の紹介
・国立遺伝学研究所名誉教授による論述集
・6種類の図鑑検索機能(和名・学名・花の色・開花期・写真・位置番号による検索)
・さくらの詳細なデータを見ることができる図鑑機能
【※データの詳細】
 ・樹高
 ・開花期
 ・花色
 ・咲き方
 ・花弁の数
 ・花の大きさ
 ・花弁の形
 ・雌ずいの数
 ・花序の形
・おきにいり登録・閲覧機能
・スライドショー
・開発元情報

■共同開発■
財団法人遺伝学普及会
〒411-8540 静岡県三島市谷田1111
国立遺伝学研究所
公式HP : http://www.idengaku-fukyukai.info

【レビュー】 おすすめ度 ★★★★☆

今年もいよいよ桜の”開花情報”を耳にするようになってきましたね!

この季節には、日本各地で綺麗に咲いた桜の花を見ることが出来ますが、毎年、桜を見るたびに「日本に生まれて良かった・・・」と思いますね。

桜は”日本人の心”として昔から親しまれてきましたが、桜といえば「ソメイヨシノ」だと思っている人も多いのではないでしょうか?

それもそのはず、日本の桜の80%が「ソメイヨシノ」で、気象庁の桜の開花情報というのも「ソメイヨシノ」のことだそうです。

でも、桜にはたくさんの種類があるので、今まで知らなかった桜をこのアプリで学び、あらためて桜の魅力について探ってみませんか?

このアプリは、桜の詳細なデータを見ることができる図鑑アプリで、<和名>・<学名>・<花の色>・<開花期>・<写真>・<位置番号>から検索が可能です。

<位置番号>は国立遺伝学研究所内の「どこ」に「どの桜」が植えられているかを番号で調べることができ、番号を検索窓に入力するとその桜の写真や詳細データを見ることが可能です。

収録されているたくさんの桜の写真がとても綺麗ですし、その写真を<スライドショー>で1枚ずつ見ているだけでも楽しいですよ!

また、国立遺伝学研究所の名誉教授である"舘野 義男"氏による「さくらと日本の文化」、「竹中要博士とさくら」といった論述集を読むことも可能です。

桜について50年以上にわたって蓄積・研究を行っている財団法人遺伝学普及会監修のもと作成されたアプリですので、、一般の方にも専門家の方にもお楽しみいただける、今春一番の注目図鑑アプリですね!

アプリ名:さくら図鑑
掲載時の価格:1,300円
容量:335 MB
バージョン:1.0.2
開発者:Trytech Co.,Ltd.
カテゴリー:辞書/辞典/その他
リリース日or更新日:2013/03/17
対応機種:iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 5.0 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

このアプリをダウンロード