【スクリーンショット】(クリックで拡大)

        

このアプリの説明文

Flep(フレップ)は、撮影した写真からフライヤーをつくって、みんなとシェアするアプリです。iPhoneでも簡単にフライヤーがつくれます。

■既存の不具合(2013/08/10)
1. イベント情報を入力後、以後戻るなどの操作で再度イベント情報を編集しても正しく反映されない場合がある。

【レビュー】 おすすめ度 ★★★★☆

ライヴやイベントのフライヤーって、印刷物にすると、思っているほど配れないものですよね?

印刷したフライヤーはイベント会場に置いてもらったり、掲示してもらう分にはいいのですが、自分で友人に手配りするのはとても効率が悪いものです。

ライヴやイベントの告知をメールで送っても、<文字>だけだと<イメージ>も伝わりにくいですし、相手に『行きたい!!』という気持ちになってもらうためには<画像>も有った方がいいに決まってますよね?!

そこで、撮影した写真からフライヤーを手軽に作って、友人達とシェアできるアプリをご紹介させていただきますネ!

使い方も簡単で、アプリを起動させて<Make>ボタンをタップすると、イベントの内容を入力する画面が表示されます。

上から順に、

◆イベント名
◆開催日
◆開催場所
◆開始時間
◆料金
◆出演者
◆関連ホームページアドレス

を入力していき、画面右上にある<次へ>をタップすると、12種類の<レイアウト>を選択する画面が表示されます。

好きな<レイアウト>を選択して、さっきと同じように画面右上にある<次へ>をタップすると、フライヤーの<完成イメージ>が表示されますので、レイアウトを微調整したい場合は<文字>をドラッグすると自由に配置を変えることが可能です。

<レイアウト>が決まったら、<次へ>をタップして<共有画面>に切り替えます。

共有画面では、<コメント>を添えて友人とシェアすることができます。

ここでも面倒な操作も一切必要なく、"Twitter"、"Facebook"、"Instagram"、"Email"、"カメラロールへ保存"といった作業が各項目の<On / Off>切り替えだけで手軽に行えます。

最後に、画面右上にある<完了>ボタンをタップするだけで完成!!

<画像>や<レイアウト>のイメージが決まっていれば、わずか5分もあれば立派なフライヤーが完成しますよ!

ただ、毎回ではないのですが、現在このアプリは『イベント情報を入力後、戻るなどの操作で再度イベント情報を編集しても正しく反映されない場合がある。』という不具合が生じております。

毎回ではありませんし、運悪く不具合が生じたとしても5分もあれば作れるので、不具合が修正されるまでは取り敢えずこのまま使っちゃいましょうよ!

多少の不具合を気にするよりも、他の人より早く使った方が有効活用できると思うアプリですよ!

イベンターにとって、これは画期的なアプリだと思います!超オススメ!

アプリ名:フライヤー作成アプリ 〜 Flep
掲載時の価格:無料
容量:24.2 MB
バージョン:1.0
開発者:Osamu Noguchi
カテゴリー:写真/ビデオ
リリース日or更新日:2013/08/10
対応機種:iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 6.0 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

このアプリをダウンロード