【スクリーンショット】(クリックで拡大)

        

このアプリの説明文

※悪用厳禁!!※

かつていじめの主犯格だった著者が、初めて本当のリアル現場の真相を語った!

いじめている君へ

いじめられている君へ

いじめを見て見ぬふりする教師、大人へ

自分には関係ないと他人顔をする全ての人へ

これがいじめの実態だ!

今日もどこかでいじめは行われている。

★★★電子書籍リリース記念!!★★★ 
先着5000名★★。今なら定価1000円⇒85円で配信!! 
★今スグ!

【目次】

はじめに 

第一章 今の十代のいじめ方
●いじめの仮想化
●現代のいじめは「自殺」をまねく
●救世主はいない 
●「悪」の存在
●まとめ

第二章 いじめはこうして起こる
●「仲間外れ」を嫌う社会性
●いじめには種類がある
・強弱関係
・いじめっこには「良い奴」「悪い奴」がいる
・集団いじめのほとんどは「いじめられっこ」 

第三章 いじめる側といじめられる側 
●「勝ち組」と「負け組」の定義
●勝ち組と負け組の性質
●現代における解決法とは?
●「いじめ」は戦いである

第四章 いじめはなくならない?
●クラスを見れば、いじめの有無が分かる
●必要なのは「解決」ではなく「共感」
●いじめの逃げ道を知る
●「いじめをなくすこととは?」
・自分以外の人間でいじめが発生した場合
・自分がいじめられた場合
・自分がいじめを始めた場合

第五章 会社で嫌がらせを受ける原因 
●本当に自分に非は無いのか?
●グリーンカード
●立ち位置を修復する
●会社全体の社風に問題がある
●「みせしめ」効果

第六章 いじめのない社会を作る
●「引きこもり」「ニート」の存在
●競争する事になれる事 
●大人のイジメの解決は簡単
●大人が子供にできること

最後に

著者:SHIGE

【レビュー】 おすすめ度 ★★★★★

イジメに関するニュースを見る度に、親や教師をはじめ周りの人間は誰もイジメに気がつかなかったのかと、やるせない気持ちになってしまいます。

そして、『イジメている側の親』も『イジメられている側の親』も、「うちの子に限って・・・」などと悠長なことを言ってられないほど深刻な社会問題となっています。

今のイジメは”陰湿化”、”巧妙化”、”潜在化”が進行していて、その実態がつかみにくいのが特徴だということも耳にします。

発見が遅れて手遅れになる前に、せめて今学校では何がおこっていて、現代のイジメの特徴はどういったものなのかを知っておく必要があるのではないでしょうか?

そこで、”かつていじめの主犯格”だった著者が、リアルないじめ現場の真相について電子書籍としてまとめられたアプリをご紹介させていただきます。

『はい、僕がいじめの主犯格です。』

という、生々しいタイトルの電子書籍アプリなんですが、第1章~第6章に渡って「大人が認識しておかなければいけないこと」をわかりやすく書かれています。

■第一章 今の十代のいじめ方

■第二章 いじめはこうして起こる

■第三章 いじめる側といじめられる側

■第四章 いじめはなくならない?

■第五章 会社で嫌がらせを受ける原因

■第六章 いじめのない社会を作る

『我が家には関係ない。』と思っていても、いつ我が身に降りかかってくるかわからない問題でもありますので、思春期のお子さんをお持ちのお父さん、お母さんには是非とも目を通しておいて欲しい本だと思います。

このアプリは通常定価は1,000円なんですが、先着5000名様に限り85円とのことですので、少しでも関心を持たれた方は割引されているうちに是非どうぞ!

アプリ名:はい、僕がいじめの主犯格です。
掲載時の価格:85円
容量:1.7 MB
バージョン:1.0
開発者:KAZUKI MATSUBARA
カテゴリー:ブック
リリース日or更新日:2013/03/05
対応機種:iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 5.1 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

このアプリをダウンロード