【スクリーンショット】(クリックで拡大)

        

このアプリの説明文

iPhone, iPad, デジタルカメラで撮影した写真の EXIF 情報の確認が出来ます。 
写真に位置情報が含まれている場合、iOS のマップアプリで撮影場所の確認を行えます。 
写真に記録されている位置情報などの EXIF を削除して保存が可能です。
位置情報が記録されていない写真はアプリからメールへ添付、Twitter, Facebook, LINE, Via.Me へ投稿できます。

ブログや SNS の普及とともに、何気なく投稿した位置情報が含まれる写真から自宅が特定され、ストーカー行為などの被害に遭われた人がいます。 この様な被害を防ぐ為にも、自己防衛手段として写真に位置情報が含まれていないか確認、削除する事を心がけましょう。

※ 地図の表示について 
iOS 標準 ”マップアプリ”、“Google Maps (Safari)” どちらかを選択出来ます。“Google Maps アプリ” がインストールされている場合、iOS 標準 ”マップアプリ”、“Google Maps アプリ” どちらかを選択出来ます。
※ iOS の仕様により、メッセージアプリ(SMS, MMS, iMessage)へ写真を直接添付する事は出来ません。

// 有料版のご案内 ——
広告非表示の有料版があります。
アプリを気に入った、広告無しで使いたいという方、購入頂ければ幸いです。

【レビュー】 おすすめ度 ★★★★☆

ゴールデンウィークも終わり、旅行先や自宅で撮った写真をブログやFacebook、twitterなどのSNSで公開したり、LINEに送信する方も多いと思いますが、ちょっと待ってください!

iPhone, iPad, デジタルカメラで撮影した写真には、「EXIF 情報」といって”撮影日時”や”撮影場所”などの情報が含まれている場合があることをご存知ですか?

何気なく投稿した写真に含まれていた位置情報から自宅が特定され、ストーカー行為などの被害に遭われた人もいます。 この様な被害を防ぐ為にも、自己防衛手段として写真に位置情報などが含まれていないかを確認し、もしその写真に「EXIF 情報」が含まれていたら削除しておかないと危険です。

そこで、写真に記録されている「EXIF 情報」を削除して保存できるアプリをご紹介させて頂きますね!もちろん、アプリからメールへ添付したり、Twitter、Facebook、LINE、 Via.Me への投稿もできます。

使い方は簡単です。

アプリを起動させて、画面の右上にある[↓]ボタンをタップすると、<EXIF情報を見る>、<EXIF情報をまとめて削除>、<GPSをまとめて削除>、<キャンセル>の4つのボタンが用意されていますので、まずは<EXIF情報を見る>ボタンをタップして、カメラロールから確認したい画像を選択します。

すると、記録されている「EXIF 情報」が表示されますので、もし「EXIF 情報」が記録されていた場合は<EXIF/GPS情報を削除>ボタンをタップし、<EXIF情報を全て削除>か<GPS情報のみ削除>かのどちらかを選んでください。

これで、<保存が完了しました>と表示されれば、<OK>ボタンをタップして完了です。これだけで、「EXIF 情報」が削除された新しい画像がカメラロールに保存されています。

念のために、「EXIF 情報」を削除した画像を、もう一度このアプリに取り込んで確認すると「EXIF 情報」は綺麗に削除されていると思います。

SNSによっては、投稿する際に自動的に「EXIF 情報」を削除してくれたり、自分で設定できたりもしますが、念には念を入れておく方が安心だと思いますので、是非このアプリで投稿前に個人情報を削除されておくことをオススメします!

アプリ名:Loooks
掲載時の価格:無料
容量:1.4 MB
バージョン:1.1.6
開発者:Takahiro Ishihara
カテゴリー:ユーティリティ
リリース日or更新日:2013/04/28
対応機種:iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 6.0 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

このアプリをダウンロード