【スクリーンショット】(クリックで拡大)

        

このアプリの説明文

ChargeSWとは、 
充電時間を予測し、アラームを鳴らすアプリです。
充電時間、バッテリー残量目安がわかります

大切な機器を長く使うために、バッテリーの過充電を防止
するよう心がけてはいかがでしょうか? 

このアプリの使い方は、簡単です。
[使い方]
1)充電したい値をスライドする。 
2)電源の種類を選択する。 
3)アラームセットボタンを押す。 

現在の時間と充電時間の合計が、アラーム時間です。

[仕様]
どのアプリもそうですが、バッテリーの数値は5%単位です。
バッテリーの数値は、ステータスバー表示の数値と誤差があります。

[注意点]
使用環境、バッテリーには、個体差があります。
予測時間は目安としてお使いください。
過度な期待はしないで下さい。
過充電は避けましょう。
iPotTouchは、バッテリの残量目安の表示が異なります

【レビュー】 おすすめ度 ★★★★☆

iPhone端末の充電を普段どのようにして行っていますか?
「寝る前に充電して、起きたら100%になっているからそれが一番効率良いよね!」とお思いの方が多いかもしれません!

ただiPhoneを愛用していくうちに、
バッテリーの寿命が購入したときに比べて、短くなってきているような気がする・・・」
と感じたことが誰しもあるはず!

一概には言えませんが、それらはバッテリーの過充電が主な原因である場合が多いんですよね!

●フル充電の状態を続けない!
と考えると、「寝る前に充電して朝には充電完了」はダメですよね!

最近のiPhoneではだいぶ改善されていますが、バッテリーの充電する仕組み上、「最大まで充電後本体機能維持の電力を消費→再び最大まで充電」を内部で繰り返しているため、寝る前に充電するケースは避けたほうが良いんですね!

ということで今回は、iPhoneの過充電防止に役立つ本格志向のアプリ「ChargeSW」をご紹介します!

このアプリを一言で説明すると、「充電予測時間、バッテリ残量で動く時間を調べられる」というものなんですが、その算出方法がとにかく本格志向なんですよね!

他の類似アプリと同様に、「バッテリー残量の目安」、例えば「待受時間なら○分・ビデオ再生なら○分持ちますよ」というのは当然わかるようになっています!

【ChargeSWの特徴】

●現在の充電率から、充電したい値までのおよその充電時間がひと目で分かり、アラームを鳴らすことができる!

→画面中部にあるスライダーで、「充電したい値」を設定!
例えば現在の電池残量が「50%」だと過程し、「充電したい値」を「80%」に設定をすると、「充電時間は31分掛かるよ」「アラームは14時00分」に鳴るよ!」というのが同画面からひと目でわかるんですよね!

なので、「あ、やばい!充電するの忘れてたー!何分で充電が完了するんだ?」なんてときにも活躍しちゃうわけですよ!

もちろん、「充電時間がわかること」と「指定した%に達したらアラームが鳴る」ということで、過充電を防止することができるのは言うまでもありません!

●充電元の電源を選択できるのが本アプリの素晴らしさ!

→充電時間は、全実機ごとに独自調査した統計と平均値で、およその時間を求めています!

電源の選択は、「付属の電源アダプタ」と、「USB2.0の電源」を選択できるので、会社ではパソコンで充電、家では電源アダプタで充電と分けている人にもグッドマッチングですね!
この電源選択機能はホント役立ちますよ!

シンプルなインターフェースと「ガッチリ」とした真面目なデザインが私のお気に入りポイントで、安心感がある上に欲しい情報がひと目でわかるのはGOODです!

皆さんもこの機会に「ChargeSW」をダウンロードして、大切なiPhoneを長く使えるようバッテリーの過充電を防止してみてくださいね!

アプリ名:ChargeSW
掲載時の価格:350円
容量:2.5 MB
バージョン:1.0
開発者:meteornet Co., Ltd.
カテゴリー:ユーティリティ
リリース日or更新日:2013/03/20
対応機種:iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 5.0 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

このアプリをダウンロード