【スクリーンショット】(クリックで拡大)

        

このアプリの説明文

------------ 新しい紙芝居「かみなしばい」
紙芝居は物語の絵を見せながら語って進める
日本で誕生した主に子供相手の芸能です。
その紙芝居をアプリにしたのが「かみなしばい」です。

------------ bluetoothで接続する紙芝居!?
「かみなしばい」では、2台以上のスマートフォン、タブレットが必要です。1台はお話を読むデバイス、それ以外はお話を聞くデバイスとなります。
読むデバイスと聞くデバイスをbluetooth(ブルートゥース)という無線機能でつなぎます。そのため、必ずbluetoothをオンにしてご利用下さい。

------------ 親も安心「パパママエリア」
アプリ内課金や、お問い合せ、アプリ情報などを集約した「パパママエリア」を設けています。
「パパママエリア」に入るには事前に設定したパスワードを使用しますので、安心してご利用いただけます。

------------ お話読むにはアプリ内課金
お話を聞く側(聞き手)は無料ですが、お話を読む側(読み手)は基本的に有料となります(一部除く)。パパママエリアにあります「ショップ」で、ご購入いただき、読み手のロックを解除してください。
また同じAppIDで、以前に購入された方は「復元」ボタンで無料で再度ご利用いただけます。

------------ 何かあればお問い合せを
アプリについて、ご不満な点、わからない点ございましたら、ぜひ「パパママエリア」のお問い合せをご利用下さい。
また、あのお話を採用してほしい、こんなお話を作ってほしい、なども募集しております。

------------ シェアのご協力お願いたします
このアプリはまだまだ多くの人に知られていません。
ぜひシェアにご協力お願い致します。
ハッシュタグは「#かみなしばい」でお願い致します。

------------ 新しい「お話」はいつ?
紙ではできないようなお話をひとつひとつ丁寧にお作りしています。
ですから制作に少しお時間がかかってしまいます。
新しい「お話」を配信する際は、サポートサイトでの告知、アプリ内通知などでお知らせ致します。

【レビュー】 おすすめ度 ★★★★☆

紙芝居は、読み手が素早く絵を動かしたり、時にはゆっくり動かしたり、また声の調子を変えたり、たった一枚の絵を巧みにあやつって、聞き手を楽しませてくれますよね。

そんな紙芝居をアプリにしたのがこの『かみなしばい』というアプリです。

このアプリは、話を読むデバイスと、聞くデバイスに別れ、bluetooth(ブルートゥース)という無線機能でつなぐため、2台以上のスマートフォン、タブレットが必要となります。

例えば、親が読み手になってお話を読んで、子供は聞き手になって画面内をタッチしたりいろんなアクションで楽しむことが可能となっています。

現在、収録されている「桃太郎」では、読み手が桃をどんぶらこどんぶらこと動かしたり、桃を包丁で切ったり、聞き手はイヌやサル、キジにきびだんごをあげたり、オニを叩いたりなどいろんなアクションが詰まっています。

また特別設定として、オニとのたたかいをゲームにすることができるので、親子で遊ぶこともできるようになっています。

現時点では「桃太郎」のみとなっていますが、今後どんどん追加していく予定とのことですので、小さなお子さんがいる方は是非どうぞ!

アプリ名:かみなしばい
掲載時の価格:無料
容量:239.4MB
バージョン:1.0.0
開発者:unouplus inc.
カテゴリー:教育
リリース日or更新日:2018/04/09
対応機種:iOS 8.0 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。

このアプリをダウンロード