【スクリーンショット】(クリックで拡大)

        

このアプリの説明文

【やり方】2点の焦点をずらして3点にします。
        ◯    ◯
       ↓寄せ合わせて見る↓
       ◯   ◎   ◯
「遠くを見る方法」と「寄り目をする方法」がありますが、はじめは「寄り目をする方法」をお勧めします。
※コツは目と画面の距離を近距離にして、思い切り寄り目をします。すると、突然立体画像が見えるポイントが出てきます。

<ステレオグラムとは?>
これはステレオグラムといった目の体操をするアプリです。

近くを見るときと、遠くを見るとき私たちは意識をしなくとも、違うピントで見ていると思います。

これはそれをわざとずらして見る体操です。
普段とは逆に焦点を動かすことで目の筋肉が鍛えられ視力が回復する効果があります。

また、このステレオグラムはピントをずらして見ることでなんと絵が立体的に浮き出てきます!

遠くの景色を見たまま焦点を固定して、画面を見てみたり焦点を合わせられないほど至近距離から少しずつ離してみてみたり……

最初コツをつかむまでは少し時間がかかるかもしれませんが、ふとしたきっかけで二次元の絵が三次元に見えるのは感動の一言です。

浮き出てきたシルエットを答えていくと新しい問題が解放されていきます。

問題は全部で100問ありますので、
是非たくさんトレーニングしてください!

【レビュー】 おすすめ度 ★★★★☆

ステレオグラムって言葉を聞くと難しそうに感じるかも知れませんが、遠近両用メガネがあるように、人は近くを見る時と遠くを見る時は無意識のうちに目の焦点を変えて見ています。

このアプリは、そのステレオグラムを利用して目の体操をするアプリで、画面に表示された画像を離して見たり、寄り目で見たり、或いは、遠くの景色を見たまま焦点を固定したまま画面を見たり、焦点を合わせられないほど至近距離から少しずつ離して見たりすることで、画面に何かが見えてきます。

そうすることで、目の筋肉が鍛えられ視力が回復する効果も得ることが可能です。

最初コツをつかむまでは少し時間がかかるかもしれませんが、慣れてくると二次元の絵が三次元に見えたりして感動しますよ!

問題は全部で100問も用意されていて、浮き出てきたシルエットを答えていくと新しい問題が解放されていきます。

是非このアプリでクイズを楽しむような感覚で目のトレーニングをしてみてはいかがでしょうか。

アプリ名:Q.何が見えますか?
掲載時の価格:無料
容量:17.8 MB
バージョン:1.0.0
開発者:Youko Nakamura
カテゴリー:ブック
リリース日or更新日:2015/10/02
対応機種:iOS 6.0 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。

このアプリをダウンロード