【スクリーンショット】(クリックで拡大)

        

このアプリの説明文

SySightは最も単純で軽量なシステム監視アプリケーションです。 
Viewは1枚しかなく、不要な情報は極限まで削りました。 

一見すると頼りなさそうですが、カスタムURLスキームを用いた連携や、バックグラウンドでの監視によって、 
他のシステム監視アプリケーションが到達し得なかった、パワフルな体験を提供します。

【レビュー】 おすすめ度 ★★★★☆

いつの間にかiPhoneが重くなってきて、以前より作業が遅くなったと感じていませんか?

ゲームや動画など、"アプリが使うメモリ使用量"というのは『どのアプリがどうのこうの・・・』という話しになるので、一概に説明できるものではありませんが、iPhoneの動作が重くなってきたらメモリ解放ですよね。

iPhoneのメモリを解放するには、のは概ね下記3つの方法だと思います。

① 疑似マルチタスクのプロセスを削除する。

② 再起動する。

③メモリ解放アプリを使用する。

概ねこの3つの方法だと思いますが、一番たくさんのメモリを開放するには②の"再起動する"ことが有効ですね。

再起動でメモリを開放する方法は、『スリープボタンを長押し後』→『赤いバーをスライドさせてiPhoneを終了』→『再度、スリープボタンでiPhoneの電源を入れる』という手順なんですが、やはり一番簡単で手っ取り早いのは"メモリ解放アプリ"を使うことでしょうか・・・

ということで、無料~有料までメモリ解放するだけなら数え切れないほど"メモリ開放アプリ"が公開されていますが、現時点において一番"最強"だと思えるのがこの"SySight"です。

面倒な操作も一切なく、使い勝手も非常にGOOD!

カスタムURLスキームを用いた連携も柔軟で、バックグラウンドでの監視も可能!

いつの間にかiPhoneが重くなってきたと感じている人や、容量の重いアプリを起動させる前にお試しください。

アプリ名:SySight
掲載時の価格:85円
容量:0.3 MB
バージョン:2.0.1
開発者:Nobuo Saito
カテゴリー:ユーティリティ
リリース日or更新日:2013/01/08
対応機種:iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 5.0 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

このアプリをダウンロード