【スクリーンショット】(クリックで拡大)

        

このアプリの説明文

視覚障がいのある方がiPhoneを使えるようになることで、新しい世界を拡げていただくためのアプリです。
サポートする方とご一緒に、ボイスオーバーの基本的な操作方法を学習し練習することで、操作に慣れていただくことができます。

このアプリは視覚障がいをお持ちの方へ普段から講習等を行っている専門家による意見、実際の検証による視覚障害をお持ちの方の多くの意見、サポートされる方の意見を反映し、どなたでもわかりやすく学べるよう最大限考慮されています。

■■アプリの特徴■■
○ナレーション対応○
ナレーションによる丁寧な説明を聞いて学習する事ができます。

○練習機能○
「基本ジェスチャー練習」では、基本的なボイスオーバーのジェスチャーについて説明と練習ができます。
「応用練習」では、ジェスチャーを組み合わせての操作を学習、練習することができます。

○便利な使い方紹介○
操作のコツや、便利な工夫などを紹介しています。

■■ご利用環境と条件■■
ご利用いただけるのは、iOS8以降のiPhone5,iPhone5s,iPhone5c,iPhone6,iPhone6Plusです。
一部機能はご利用時にインターネットへの接続が必要です。
アプリ利用にあたっては、利用規約を確認し同意していただく必要があります。

■■備考■■
監修:株式会社ラビット,Studio Gift Hands
コピーライター:トーマス青木
ナレーター:樋口あかり

■■すべての方によりよいコミュニケーションを■■
ソフトバンクモバイルは障がいのあるお客さまにも、豊かなコミュニケーションや社会参加の一助として携帯電話を幅広くご利用いただくための活動を行っております。

【レビュー】 おすすめ度 ★★★★★

iPhoneは発売当初から現在に至るまで様々な機能が搭載されてきましたが、視覚に障害をお持ちの方々はiPhoneの進化の恩恵にあずかる機会も少ないどころか、不便を強いられている1つがスマートフォンなのではないでしょうか?

スマホもガラケーも、携帯電話にはメール機能が実装されていますので、聴覚に障害があってもメールによるコミュニケーションは可能ですが、視覚に障害があるとiPhoneの操作をマスターするのも大変な苦労が伴うと思います。

そこで、視覚障がいのある方にもiPhoneを使えるようになってもらおうという事で、基本的な操作方法をナレーションによって学習・練習できるアプリをご紹介させていただきますね!

画面に表示されている項目を音声で読み上げる視覚サポート機能、VoiceOverを有効に設定した場合の使い方はもちろん、<タッチパネルの範囲>や<ホームボタンの位置>などは、レッスン形式で習得することが可能となっています。

また、基本的なジェスチャー練習や、電話の発着信や文字入力などの応用練習も、ていねいなナレーションを聞きながら進めていくことができる上、視覚障害のある方々がiPhoneを便利に使えるヒントやアプリケーションも紹介されています。

■ナレーション対応・・・ナレーションによる丁寧な説明を聞いて学習する事ができます。

■練習機能・・・「基本ジェスチャー練習」では、基本的なボイスオーバーのジェスチャーについて説明と練習を行うことができます。「応用練習」では、ジェスチャーを組み合わせての操作を学習、練習することが可能です。

■便利な使い方紹介・・・操作のコツや、便利な工夫などが紹介されています。

是非このアプリをサポートする方と一緒に活用して、<ボイスオーバー>の基本的な操作方法をマスターし、視覚障がいのある方もiPhoneを使って新しい世界を拡げてくださいね!

アプリ名:視覚障がい者向け使い方教室 for iPhone
掲載時の価格:無料
容量:55.1 MB
バージョン:1.0.1
開発者:SoftBank Mobile Corp.
カテゴリー:教育
リリース日or更新日:2015/06/04
対応機種:iOS 7.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 この App は iPhone 5、iPhone 6 および iPhone 6 Plus に最適化されています。

このアプリをダウンロード