【スクリーンショット】(クリックで拡大)

        

このアプリの説明文

写真に含まれるEixfデータを見るためのアプリです。
【このアプリの主な機能】
・iPhone本体内全ての写真の情報が表示できます。
・写真に位置情報が含まれている場合、その位置情報を地図上に表示できます。
・Exif情報を除去した写真の複製を作成できます。
・GPS情報のみ消去した写真の複製を作成できます。

【レビュー】 おすすめ度 ★★★★☆

携帯電話にカメラが装備されるようになって、写真を撮る機会が格段に増えましたね!

しかも、撮影した写真をその場でFacebookやTwitterに投稿する方も多いと思いますが、実はiPhoneのカメラやデジカメで撮影した写真にはExifデータが含まれていることはご存知ですか?

Exifデータとは、撮影した<画像データ>に加えて、<撮影日時>や<撮影場所>、<カメラの機種>、<画素数>などの様々なデータのことで、撮った写真しはそうした情報も記録されています。

これらのExifデータは、それを読み取るソフトを使えば簡単に見ることが出来てしまうので、不用意にブログやSNSに投稿してしまうと<撮影場所>や<自宅の住所>なども同時に公開してしまうことに繋がります。

iPhoneを購入した場合、初期設定では<カメラの位置情報>がオンになっていますので、これをオフにしておけばいいのですが、ブログやSNSで写真を投稿する前には念のためExifデータが残っていないか確認したほうが安心です!(※iPhoneの<カメラの位置情報>をオフにするには、「設定」→「位置情報サービス」をオフに。)

そこで、写真に含まれるEixfデータを簡単に確認できる上、Exif情報を除去した写真を複製できるアプリをご紹介させていただきますね!

操作はいたって簡単で、アプリを起動させて画面左上にある[≡]ボタンをタップしてカメラロールに保存してある写真の中からチェックしたい写真を選択します。

すると選んだ写真がアプリ内に表示され、Exifデータが残っている場合は画面下に<撮影日>、<撮影時間>、<緯度>、<経度>、<標高>などの情報が表示されます。

さらに、先ほどと同じく画面左上にある[≡]ボタンをもう一度タップすると、<Mapを表示>、<Exifを消去して保存>、<GPSだけ消去して保存 >といった作業を簡単に行うことが可能です。

無料アプリですので、ブログやSNSに写真を投稿する機会の多い方は、投稿前にこのアプリでExifデータが残っていないかをチェックして、もし情報が残っている場合は『Exifデータを削除した複製画像』を投稿されることをオススメします!

アプリ名:PICxif
掲載時の価格:無料
容量:0.7 MB
バージョン:1.0
開発者:SHINGO TAKAHASHI
カテゴリー:写真/ビデオ
リリース日or更新日:2014/08/01
対応機種:iOS 7.1 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み

このアプリをダウンロード