【スクリーンショット】(クリックで拡大)

        

このアプリの説明文

消防士のシミュレーションゲームです。お子様は勇敢な消防士に変身して、火災を消したり、動物たちを救い出したりする消防士さんの仕事を体験します。子供は本アプリを通じて、消防安全の基本の知識を勉強できるし、そうして社会への貢献度と仕事への責任感が養うことができます。

【レビュー】 おすすめ度 ★★★★☆

小さいお子さんが日常の出来事に興味を示す年齢になると、「なんで~?」、「どうして~?」に始まって、『○○さんのお仕事ってどんなの?』といった質問も受けることもあるかと思います。

小さいお子さんにとって世の中の様々な事が新鮮で興味津々なものですが、普段の生活の中では体験できないことも多いものです。

そこで、勇敢な消防士に変身して火災を消したり、動物たちを救い出したりする消防士さんの仕事を体験できるシミュレーションゲームをご紹介させていただきますね。

このゲームは、消防士の仕事を体験しながら、安全知識を高めることができ、同時に消防設備を認識することもできるようになっています。

また、消防士さんのお仕事は大変だけど、とても尊敬される職業だというようなこともゲームを楽しみながら認識してもらうことが出来そうですよ!

このゲームには2つのゲームモードが用意されています。

ただ、お子さんに考える機会を与えるためだと思うのですが、アプリ内に操作説明が全くありません。(※小さいお子さんだと多分<あそびかた>がわからないと思いますので、最初のうちは親御さんが横について説明してあげた方がいいと思いますので、下記に一応の操作説明をしておきます。)

【ゲームモード左】
トップ画面に表示される<左側のボタン>は消防車と消防ヘリの簡単な操作を覚えながら、火災現場から動物を救出し消化活動を体験することができるゲームです。

ゲームが始まると、地図に火災現場が表示されますので、現場をタップします。
すると、『消防車か消防ヘリのどちらかを選んで!』と言ってくるので、どちらかを選択します。(※火災現場の状況によって選べるほうは決まっています。)

★消防車・・・火災現場で消防車をタップすると落下用のエアーマットが表示されますので、レバーハンドルを指で上下に動かして膨らませます。そのあと、ハシゴが伸びますので、助けを求めている動物の位置まで消防車を動かせてハシゴを伸ばして救出します。最後に消防車の後部に積んであるホースをタップして画面左下にある消化栓につなぎます。消化栓とホースのつなぎ目をタップしてねじ込みます。そのあと消化栓のノズルをタップして回転させると散水が始まります。(※ホースを最後までキッチリねじ込んでおかないと水がでませんので注意してください。)ホースを指で押さえたまま、火の位置に水を撒いて消化します。

★消防ヘリ・・・火の上空でヘリコプターをタップすると散水して消化作業を行い、助けを求めている動物の上空でタップするとハシゴをたらして救出作業を行います。ハシゴの巻上げは画面右側にあるハンドルを回転させてくださいね。(※また、ヘリコプターに積んでいる消化用水がなくなると近くの池まで水汲みにいきます。)

<消防車>も<消化ヘリ>も、全ての動物を助け出して消化も無事に終えるとステージクリアとなり、みんなが喜んでくれたり感謝されたりします。

【ゲームモード右】
消防車が出動する前に準備しなければいけないものをパズル形式で覚えます。画面内にある器具などを指で押さえて<はめ込みパズル>の要領で運んでください。全て正解するとクリアーです。

幼児向けのアプリなので、操作説明などはアプリ内に掲載して欲しいなという感は否めませんが、親子で一緒に遊ぶことでコミュニケーションツールにもなりますし、「消防安全の基本知識」や「社会への貢献度と仕事への責任感」も養うことができそうですよ!

アプリ名:パンダの消防士-BabyBus
掲載時の価格:200円
容量:74.3 MB
バージョン:4.2
開発者:BABYBUS
カテゴリー:ゲーム
リリース日or更新日:2014/06/25
対応機種:iOS 6.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み

このアプリをダウンロード