【スクリーンショット】(クリックで拡大)

        

このアプリの説明文

Imglishは、ネイティブの頭の中のイメージを覗けるアプリです。
ニュアンスが分からない英単語を検索すると、今まで曖昧にしか理解していなかった英単語が手に取るように理解できます。

たとえばspeakとtalkの違い、friendshipとcloserの違いなどが直感的に理解できます。
また、耳慣れた英単語でも「そういう風に使うものなんだ」というネイティブの一般的な感覚を知ることができます。

- checkは「確認」よりも○○○の方が一般的。
- コンドミニアムは日本の○○○○○。
- chill outはrelaxとどう違う?

アプリを起動したらすぐに入力画面なので、煩わしい操作も必要ありません。
さっそく気になる英単語を調べてみましょう。

Quickaなどと連携するためのURLスキームも用意しています。
分かる方はご利用ください。(imglish://検索語句)

※ このアプリはネットワーク接続が必須です。Wi-Fiまたはモバイルネットワークに接続の上ご利用ください。

【レビュー】 おすすめ度 ★★★★☆

英語で文章を書いたり、会話をする時に頭の中でイメージした日本語を英語にしようとするから難しく感じるのだと言われたことがあります。

日本語には日本独特のイメージがあり、英語には英語独特のニュアンスがあるので、英会話を学ぶにあたってはこのニュアンスがポイントだとも言われています。

例えば、「I’m Sorry」と「Excuse Me」の違いだったり、「speak」と「talk」の違い、「friendship」と「closer」の違いなど、学校でも英和辞典でも同じ意味だと教えられました。

要するに、微妙な違いを学ぶためには微妙なニュアンスを掴む必要があるということで、英語のニュアンスの違いを手軽に検索できるアプリがこの『Imglish』なんです!

ニュアンスが分からない英単語を検索すると、今まで曖昧にしか理解していなかった英単語の意味(イメージ)が画像で表示されますので、英単語を文字で理解するのではなくイメージとして理解することができます。

また、耳慣れた英単語でも「そういう風に使うものなんだ」というネイティブの一般的な感覚を知ることができます。(※checkというごく身近な単語も、調べてみると意外な気付きがありますよ。)

操作は超シンプルで、アプリを起動したらすぐに<入力画面>が表示されます。

面倒な操作は一切必要なく、<入力画面>に単語を入力するだけで、その単語の持つイメージ画像がたくさん表示されます。

単語のスペルが曖昧な場合は、カタカナで入力しても自動的に英語に翻訳して検索してくれますよ!

このアプリを活用すれば英単語を聞いた時に、今までは頭の中に<文字>が出てきていたのが、画像でイメージできるようになるので、耳慣れた英単語でも「そういう風に使うものなんだ」というネイティブの一般的な感覚を知ることができますよ!オススメです!

アプリ名:Imglish - 英単語の意味をイメージで検索
掲載時の価格:無料
容量:7.4 MB
バージョン:1.1.0
開発者:Yuichiro Tanaka
カテゴリー:教育
リリース日or更新日:2014/06/27
対応機種:iOS 7.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み

このアプリをダウンロード