【スクリーンショット】(クリックで拡大)

        

このアプリの説明文

◆キサマには、このアプリをプレイする資格があるのか?◆

ククッ、ここは闇を好む者達が集うアプリのダウンロードページだ。
オレはココを聖域(サンクチュアリ)と呼んでいるが・・・まあ、そんな事はどうでもいい。

キサマがなぜこのページを開いたかは、言うまでもないか・・・。
このアプリに興味を惹かれたんだろう?
イイだろう教えてやるよ。(暗黒微笑)
このアプリは、そんじゃそこらの凡人には理解しがたいかもしれんな・・・。
つまり選ばれた者でないと、楽しめない。特別なアプリだ。
それでもプレイしたければ、するがいいさ。その覚悟があるならの話だがな・・・ククッ。

なんだ?びびってるのか?ならこの聖域から立ち去れよ。そして俺の前に二度と現れるな。

なに?もっとこのアプリゲームについて詳しく教えろだと?
フッ・・・しかたないヤツだ・・・。
このアプリは、育成そして診断も出来てしまう。好都合な放置育成アプリってなワケだ。
次々と現れる黒歴史(ブラッククロニクル)。そいつらをどんどん収集しろ。
なに・・・少し精神力を使うが、操作も簡単でキサマならすぐに慣れるだろう。
そしてすべて集め終わった時・・・、キサマが真の選ばれし者かどうかが分かるだろう。
オレはどうやら選ばれし者の一人だったようだ・・・、このアプリをプレイしている時は
楽しすぎて狂っちまいそうだったぜ。・・・ククッ。フハハハ!!

最後に一言忠告しといてやるよ。
このアプリをプレイして後悔なんかするな。
黙ってはいたがキサマはその程度の人間じゃないとオレには分かる。
黒歴史がなんだ!それを乗り越えるくらい!笑い飛ばすくらいの人生にしてみろ。
キサマが選ばれし者として一流になった時、そんときにでもまた会おう。

【レビュー】 おすすめ度 ★★★★☆

このアプリは、画面に次々と現れる黒歴史を収集して、自分の<中二病>の重症度と傾向を診断できる放置育成ゲームです。

一般的な放置育成ゲームは、キャラクターを育成させていくものが多いですが、このゲームは育成させるキャラクターは登場しませんw

あえて言うなら、プレイヤー自身を成長させるという意味ではないのかなと思いますw

ルールや操作はシンプルで、次々と画面に表示される症例(黒歴史)をタップして収集していくのですが、その中にときどき<質問>が含まれていて、その質問に答えながら『症例(黒歴史)』を15種類以上集めると<診断モード>が開放されます。

黒歴史を1つ収集するごとに画面上部のゲージが増えていき、ゲージがいっぱいになると<ステージ>が上がり、また新たな症例(黒歴史)が追加されていきます。

『症例(黒歴史)』は100種類あり、ゲットした『症例(黒歴史)』はゲーム画面の右下にある[黒歴史<黒の歴史書>]に保存されていきます。

診断モードでは、獲得済の『症例(黒歴史)』から抽出した15個の症例に<ある/ない>で答えることで、あなたの<中二病>の重症度と傾向を診断することができます。

診断結果は<重症度 ○%>とアドバイスが表示され、さらに<アニメ度>、<特殊能力度>、<ヤンキー度>など7項目について診断してくれます。

獲得済の『症例(黒歴史)』から抽出したランダムに質問されるので、症例を多く集めるほど診断結果の精度は高くなっていくようです。

1つ1つの『症例(黒歴史)』を読んでいるだけでも面白いですし、黒歴史が表示されるペースも早くサクサク楽しめるので、放置している間がないほど進めたくなりますよ!

ぜひ一度このアプリで、自身の<中二病度>を診断してみてはいかがでしょうか。w

アプリ名:黒歴史†ダイアリー。中二病の診断モード付き育成ゲー(放置系)
掲載時の価格:無料
容量:22.7 MB
バージョン:1.0.0
開発者:GLOBAL GEAR, K.K.
カテゴリー:ゲーム
リリース日or更新日:2014/05/24
対応機種:iOS 4.3 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み

このアプリをダウンロード