【スクリーンショット】(クリックで拡大)

        

このアプリの説明文

House Design は右あなたのiPad/iPhone上で、あなたが常に望んでいた家を建てることができます直感的なインテリアデザインのアプリです。 

主な特長: 
•リアルタイムの3Dビュー 
•詳細な2Dのフロアプランを作成します。 
•300以上のアイテムや材料 
写真へ•エクスポート画像 
iPadの中でこれまで•最も簡単で効率的な運用 
•自動計算部屋の大きさ 
•インテリジェント部屋認識

無料版の制限
•ショー広告
•デザインを保存することはできません

【レビュー】 おすすめ度 ★★★★☆

来年の消費税の増税の前に住宅の購入を検討されている方も少なくないと思います。

住宅を購入するとなると、「間取り」や「家具」を決めるのも楽しみの1つですが、設計図を見てもイメージできないこともありますよね?

実際に建物が完成したあとに、思っていたより狭く感じたり、逆に無駄なスペースに気づいたりするものです。

そこで、平面図を入力することで、「間取り」を3Dでチェックできるアプリをご紹介させていただきますね。

このアプリは、用意されたグリッド内に壁や家具を自由に配置することができ、完成させた平面図を3Dで立体的に見ることができるんです!

アプリを起動させて、画面左上にある[+]をタップすると、方眼紙のようなマス目が表示されます。

画面上部に、[指]、[□]、[-]、[矢印]のアイコンがあるので、まずは[□]をタップして外壁を描きます。

続いて、[-]をタップして、室内の間仕切り壁を立てていきます。

隣にある[菱形]のアイコンをタップすると、<キッチン>や<バスルーム>、<ソファー>などの設備や家具を落とし込んでいくことができます。(※300以上のアイテムが用意されています。)

平面図が出来上がれば、画面下にある[2D][3D]のボタンを[3D]に切り替えると立体図が表示され、画面を指になぞると好きな角度から部屋を眺めることが可能です。

詳しい操作方法は、画面右上にあるチュートリアルで確認することができますが、直感的に使えますので、触っているうちにすぐに慣れると思います。

部屋の大きさも自動計算してくれますので、「建ぺい率」などを考慮しながら間取りを変更するのにも便利ですよ!

各部屋を立体的にチェックすることができますので、自宅の家具を新しく買い換える時や、引越し先の家具の配置を考える時などにも活用できるアプリだと思います。

アプリ名:House Design - Free
掲載時の価格:無料
容量:54.0 MB
バージョン:1.1
開発者:Scott Meyers
カテゴリー:仕事効率化
リリース日or更新日:2013/12/30
対応機種:iOS 7.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み

このアプリをダウンロード