【スクリーンショット】(クリックで拡大)

        

このアプリの説明文

iPhone 5 に対応した「ロック中の画面」用にカレンダー付きの壁紙を作成するアプリです。

使い方 :

1) "写真" をタップし、壁紙に設定をしたい画像を選択します。
2) "カレンダー" から表示したい "月" を選択してください。("日" はいつでも OK)
画面上部のセグメントを切り替えて、写真の移動と拡大・縮小、カレンダーの移動ができます。
3) "保存" をタップするとカメラロールに保存されます。
4) "写真" アプリのカメラロール内に保存された壁紙用の画像を
「壁紙に設定」→「ロック中の画面に設定」します。
 ("設定" の「明るさ/壁紙」からも選べます。)

機能 :

· 2015年12月までのカレンダーと祝日 (日本とアメリカ) に対応しています。祝日情報は今後更新する予定です。

· 曜日の表記は iOS 搭載の全言語に対応しています。

フォントや文字色、背景などの追加機能は次バージョンで対応する予定です。

【レビュー】 おすすめ度 ★★★★☆

iPhoneを使っていると、一番「見る」回数が多いといっても過言ではない「ロック中」の画面。
iPhoneの「ロック画面」はAPIでいじることができないので、「自分流」にカスタマイズできる方法を考えますよね!
そしてロック画面カスタマイズの定番といえば「壁紙設定」ではないでしょうか?

今回ご紹介する、「Lock Screen Calendar - カレンダー壁紙」は、カメラロールに保存されているどんな画像にでも、「カレンダー」を付け加えることができる便利アプリです!
見る機会の多いロック画面だからこそ、カレンダーが表示されていたら便利ですよね!
そして、カレンダーを見に行くためにロックを解除する手間もなくなって効率が良いですよね!

このアプリは、なんといっても使い方がとっても簡単で、カレンダー付き画像の作成が、一瞬で出来ちゃうところが素敵なんです!
アプリを起動すると、用意されているボタンは大きくわけて6つ!

【画面上部にあるセグメントコントロール】
・写真を調整→対象画像の「位置」を動かすことが出来ます
・カレンダーを移動→カレンダーの表示場所を移動させることが出来ます

【画面下部にあるタブボタン】
・写真→カメラロールから写真を選択できます
・カレンダー→作成したいカレンダーの「月日」を変更できます
・保存→最終完成写真は、ここをタップすることで保存ができます
・設定→曜日の言語、祝日の設定はここで行います

なんだか面倒そうだとお思いかもしれませんが、実はとっても簡単!
私が行った手順では、

①画面下部「写真」より画像を選択
②画面下部「カレンダー」より今日の日付に設定
③画面下部「設定」より曜日の言語を「日本語」、祝日を「日本」に変更しました
④画面上部「カレンダーを移動より、カレンダーの表示位置を少し下げました
⑤画面下部「保存」よりカメラロールへと保存
⑥ロック画面の待ち受けを、今回作成したものに設定しました

たったこれだけです!これだけで、めちゃくちゃ簡単に「カレンダー付き画像」が作成できちゃうんですよね!
これでわざわざiPhoneのロックを解除することなく、即座にカレンダーを確認することができちゃいます!
iPhone5の4インチサイズにも対応しているアプリなので、是非皆さんもこのアプリをダウンロードして、簡単に「カレンダー付き画像」を作成してみてくださいね!オススメです!

アプリ名:Lock Screen Calendar - カレンダー壁紙
掲載時の価格:無料
容量:0.2 MB
バージョン:1.0
開発者:Stylegraph Inc.
カテゴリー:ユーティリティ
リリース日or更新日:2012/12/19
対応機種:iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 5.0 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

このアプリをダウンロード