【スクリーンショット】(クリックで拡大)

        

このアプリの説明文

走っているとき、車を運転するとき等に使ってもらいたいミュージックプレイヤーです。

このミュージックプレイヤーは、あなたの移動速度に合わせて音楽を再生します。

例えば、こんな場面で使ってみて下さい。

(1) ジョギング

時速 5 km 未満で、ゆったりとした曲を流すようにし、
時速 12 km 以上、気分を高める曲を流すようにします。

耳でジョギング・ペースが確認でき、
スピードに合わせた音楽を楽しむことができます。


(2) ドライブ

時速 5 km 未満で、ゆったりとした曲を流すようにし、
時速 80 km 以上、アップテンポな曲を流すようにしてみます。

そうすると、
信号で止まっている間、落ち着いた音楽を聞き、
高速道路に入って加速すれば、スピードに合わせた音楽を自動切り替えさせることができます。

【レビュー】 おすすめ度 ★★★★☆

赤ちゃんを寝かせる時に、お尻や背中などを手の平で軽くトントンと叩きますが、赤ちゃんの「心拍数(リズム)」に合わせて叩くと効果的だと言われています。

それと同じように、人間は無意識のうちにリズムを感じて動いていることが多いですよね!

例えば、音楽を聴いていて、気がつくと身体がそのリズムで動いていたり、運動会の「かけっこ」などでも軽快なBGMが使われます。

『無意識の意識』というのか、自分の今の行動に合ったリズムは非常に心地良く、リズムによって『実力以上の能力』が発揮されたり、『作業効率や効果』も高くなるものなんですね。

そこで、今の『自分の行動速度(リズム)に合わせて音楽を選曲』してくれるアプリをご紹介させていただきますね!

例えば、ゆっくりとジョギングしている時は<ゆったりした曲>が流れ、走るペースが速くなれば<気分を高める曲>を流せたり、車の運転中でも渋滞時は<ゆったりした曲>が流れ、高速道路では<軽快な曲>が流れるという"ミュージックプレイヤー”がこの『Music meter』なんです!

アプリをダウンロードしたら、まずは画面右下の[♪]マークのアイコンをタップして<音楽を設定>します。(※音楽はiTunesなどからiPhoneに保存してあるものから選択します。)

音楽の設定画面では、<A~Z>と<あいうえお順>で曲名が一覧表示されますので、設定時に曲を探しやすいですよ!

続いて、画面左下の<設定>ボタンから「上限スピード」と「下限スピード」の設定を行います。

操作方法は、下記の通りです。

■タップ・・・曲の再生/停止
■右スワイプ・・・曲の先頭に戻る/前の曲に戻る
■左スワイプ・・・次の曲へ進む
■ピンチアウト・・・音量アップ
■ピンチイン・・・音量ダウン

予め収録されている音楽が流れるのではなく、自分の好きな曲を自由に設定できるのがいいですね!

「上限スピード」と「下限スピード」の設定も簡単に行えますので、自分の「歩く速度」や「ジョギングのペース」に合わせた音楽が聴けますよ!

また、渋滞時に軽快な音楽が流れてイライラすることもなくなりますね!

無料アプリですので、ぜひ一度お試しくださいね!

アプリ名:Music meter
掲載時の価格:無料
容量:0.3 MB
バージョン:1.0.0
開発者:Ryota Takiishi
カテゴリー:ヘルスケア/フィットネス
リリース日or更新日:2013/10/20
対応機種:iOS 6.0 以降。iPhone、iPad 2 Wi-Fi + 3G、iPad Wi-Fi + Cellular(第3世代)、iPad Wi-Fi + Cellular (第 4 世代) および iPad mini Wi-Fi + Cellular 対応。 iPhone 5 用に最適化済み

このアプリをダウンロード