【スクリーンショット】(クリックで拡大)

        

このアプリの説明文

本当に面白い日本文学ってたくさんあるけれど、
たくさんありすぎて、休日に、
どれを読んでいいのか分からない。

そんな判断で迷ったら、まずは小説の「始まり」と「終わり」の部分を読んでみて、感性にピピピィと合えば、その小説を片手に読書タイムに没頭されてみてはいかがでしょうか。

「1分間で読める日本文学」には、日本近代文学作品の始まりと終わりの部分がまとめて収録されてあります。

まとめ読みに最適なアプリです。

【レビュー】 おすすめ度 ★★★☆☆

『読書の秋』ですね!

秋の夜長に○○と言えばやっぱり『読書』ではないでしょうか?

マンガも面白いですが、秋の夜は<日本文学>を楽しみたいもの・・・

でも、<日本文学>と言っても素晴らしい作品はたくさん有りますし、読者それぞれ「好み」もありますよね。

そうなると、本を選ぶ時にどうしても<作家>で選んでしまい、結局いつも同じ<作家>の本を読んでしまっていますよね?

今まで読んだ事のない<作家>の本を購入するのは、なかなか勇気がいるものです。

そこで、小説の「始まり」と「終わり」の部分を読んで、自分の<好み>に合うかどうかを簡単にチェックできるアプリをご紹介させていただきますね!

このアプリには、<日本近代文学作品>の始まりと終わりの部分がまとめて収録されています!

アプリを起動させると、<カテゴリ>一覧が表示されます。

<カテゴリ一覧>

■ロマン主義・・・樋口一葉・森鴎外・北村透谷
■余裕派・・・正岡子規・夏目漱石・高浜虚子・寺田寅彦・鈴木三重吉
■耽美派・・・永井荷風・北原白秋・小山内薫
■新現実主義・・・芥川龍之介・菊池寛・久米正雄
■無類派・・・太宰治・坂口安吾・織田作之助
■新感覚派・・・横光利一・梶井基次郎

上記の他にも画面下に用意された<NAME>ボタンからも<作家名>が一覧表示されます。

表示された<作家名>をタップすると、その作家の<作品名>が一覧表示されますので、<作品名>をタップすれば小説の「始まり」と「終わり」の部分を読むことが可能です。

また、<LINK>タブからは、「青空文庫」などのネット図書館にリンクされていますので、気に入った本が見つかれば手軽にダウンロードできるようになっています。

ただ、このリンク先から元のアプリページに戻るボタンがないのがちょっと不親切か?(※この辺りは次回のアップデート時に改善を期待します。)

(※リンク先から元のアプリページに戻るには、「iPhoneのホームボタンを2度押し」→「画面にが表示されているアイコンの上のスクリーンショットを上にフリック」→「iPhoneのホームボタンを1度押す」→「ホーム画面からアプリのアイコンをタップ」で戻れます。)

あと、欲を言えば<あらすじ>が表示されたほうが個人的には嬉しいかな?! 

収録されている<作家>の数もまだ少ないですが、無料アプリですので<日本文学>を探したい時に一度試されてみてはいかがでしょうか?

アプリ名:1分間で読める日本文学
掲載時の価格:無料
容量:4.1 MB
バージョン:1.0
開発者:Naoto Ootsubo
カテゴリー:ブック
リリース日or更新日:2013/10/05
対応機種:iOS 4.3 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み

このアプリをダウンロード