【スクリーンショット】(クリックで拡大)

        

このアプリの説明文

このアプリは、深夜にSNSなどをチェックしても眼が悪くなったり目が冴えてしまうことがないように、iPhoneから発生するブルーライトを大幅にカットするiPhone史上最も暗く、シンプルで分かりやすいブラウザアプリです。
本体の「明るさ」設定で設定できる暗さよりも(いくらでも)暗くすることができ、深夜寝室や夜行バスなどでサイトにアクセスしても、周りの人の邪魔になりません。

普段からスクリーンを見ていると、実は気づかないうちに眼を酷使しています。
暗いところなどでは少しでもこのアプリを利用することでブルーライトに触れる時間を減らすことをおすすめします。

また、このアプリを使うと、様々なサイトを見ながら、いちいち設定画面に移動せずにワンタッチで画面の明るさを調節できます。
このアプリの全ての機能は、少しでも暗い画面になるよう設計されています。

本来の白い光に比べて目に優しく、目の疲れや睡眠障害を防ぐこと、精神的に落ち着くことを目的に、ブラウンとブラックを基調カラーとしました。

また、お子様の目が心配なお父様お母様には、普段からこのアプリを利用することでお子様の目の健康を守ることをお勧めします。

使い方:
最初の画面には元々”Google"と"Twitter"と"FaceBook"が登録されています。
それ以外のサイトを登録する場合は"Google"から検索してそのサイトへ行き、”+”ボタンを押します。
すると次回からは開始画面にそのサイトが登録されます。

※ブラウザアプリなので年齢制限がついていますが、このアプリ自体には過激な内容は一切含まれていません。
※iOS5以下ではアプリが立ち上がらないことがあります。
iOS6以上でご使用ください。

【レビュー】 おすすめ度 ★★★★☆

近年、夜間のSNSチェックなどでスマホから浴びるブルーライトにより、睡眠障害や睡眠リズム障害、眼精疲労などの悪影響が指摘されていますね。

一言で言い表すと、ブルーライトは「目に良くない」ということですが、何かと便利な環境の中で、スマホ依存を抑えるのにジレンマがあるかと思います!

そこでご紹介したいのが、今回の『ブルーライトカットブラウザ』というアプリ!

本アプリは、真っ暗な環境でもブルーライトをほとんど出さないブラウザアプリとなっていて、ブラウンとブラックを基調として、ブルーライトの出力を極限まで押さえた画面デザインで構成されているんですっ!

つまりは、普段の液晶の明るさで利用するよりも、夜間使用を想定した極めて暗い画面構成の本アプリは、目への負担を軽減できる優しい仕様になっているということ!

※暗い場所でのスマホの利用を推奨しているわけではございません。

ブラウザの機能としては派手さはないものの、逆にこのシンプルさに安心感を感じます!

「誰でも簡単に使える。そういうものを最高というんだ!」という開発者さんの想いがヒシヒシと伝わってきますね!

アプリを起動すると、あらかじめ、

●Google
●Facebook
●Twitter

のURLが登録されています!
もし、これらが不要な場合は、横スワイプで削除することも可能です!

もちろん、「Yahoo派」の人や、その他お気に入りサイトを登録しておきたい方は、

①まず、Google検索でサイト名を入力し、
②画面下部にある「+」ボタンをタップ

すれば、アプリ起動時の画面に追加しておくことができます!

シンプルなUIだからこそ、好きなサイトを1タッチでお気に入り追加することができますし、アプリ起動時の画面から1タッチで移動することができるんですね!

また、ブラウジング中も1タッチで明るさを調節出来るボタンも搭載されていますので、状況に応じた使い方ができるのもGOODです!

■ 夜iPhoneの画面を見て目が冴えてしまう人
■ 家族と寝室が一緒で夜ネットを見ると迷惑になる人
■ 夜iPhoneでネットを見ることがある全ての人
■ ブルーライトで目が疲れたと感じる人
■ 長時間iPhoneの画面を見ている人

ブルーライトを大幅カットした『ブルーライトカットブラウザ』を是非皆さんもお試し下さいませ!

アプリ名:ブルーライトカットブラウザ
掲載時の価格:無料
容量:2.0 MB
バージョン:1.0
開発者:Masato Otsu
カテゴリー:メディカル
リリース日or更新日:2013/09/17
対応機種:iOS 5.1 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み

このアプリをダウンロード