【スクリーンショット】(クリックで拡大)

        

このアプリの説明文

もう終わってしまいましたが、国民審査の情報は十分に提供されていると思いますか?

ニュースで扱われた最高裁判決の判決文を読んだことがありますか?

最高裁判事(裁判官)の名前わかりますか?

1つでもノーと答えた方は、ぜひこのappをお試しください。

収録内容:

2009年8月から2012年12月までの最高裁判決データ
2009年8月から2011年12月までの最高裁判決の判決文
(2012年分は有料アドオン。)
2009年8月から2012年10月までの裁判官データ
(略歴は現職のみ。)


膨大なデータもタグで簡単に管理できます。
上限があります。上限を解除するにはアドオンを購入する必要があります。


今後毎月アップデート予定です。

【レビュー】 おすすめ度 ★★★★☆

選挙に行くと、最高裁の裁判官の国民審査も同時に行われていますよね!裁判官が職務に適切な人物かどうかを、われわれ国民が直接意思表示する制度なんですが、皆さんは何を基準に意思表示されていますか?

最高裁で出された判決事例を、一般の国民目線から見て"適切"か"疑問"を感じるかで判断するとは思うのですが、現実的に一般の国民が「最高裁判決の判決文」をどれだけ読んでいるのでしょうか?

大きな事件や事故なら判決結果もテレビで報道されますが、それ以外の判決結果は殆ど知ることもありませんし、どの裁判官がどの事件を担当したかも知らない中で、選挙会場で"最高裁の裁判官の国民審査"をしても『無駄な儀式』にしかなっていないように思います。

国民として、本来はこういう事にも積極的に参加しなければいけないとは思いますが、そのためには『最高裁で出された判決事例』が手軽に読めないと難しいですね。。。

そこで、『最高裁判決の判決文』が手軽に読めるアプリをご紹介させていただきますね!

現在の収録内容は、

■2009年8月から2012年12月までの最高裁判決データ
■2009年8月から2011年12月までの最高裁判決の判決文
(2012年分以降は有料アドオン。)
■2009年8月から2012年10月までの裁判官データ
(略歴は現職のみ。)

という内容ですが、今後は毎月アップデートの予定とのことです。

操作は画面下の<裁判官>、<判決>のタブで切り替えることができ、<裁判官>では、"次回審査"、"審査済"、"退官"といった括りで裁判官の名前が一覧表示され、「プロフィール」と「関与した裁判」を閲覧することができます。また、<判決>のタブでは、年月日の新しいもの順に「裁判名」が表示されます。

操作も簡単で読みやすく、忘れてしまっていた事件も思い出しながら興味深く読むことができますし、多面的な考察や議論、検討がなされていることや、その事件に関しての理解も深まりました。

新聞やテレビの報道だけでは見えない部分を垣間見れた気がします。

是非このアプリをダウンロードして、新聞や雑誌と同じような感覚で『最高裁判決の判決文』を読む習慣をつけてみられてはいかがでしょうか?

アプリ名:最高裁判決
掲載時の価格:無料
容量:3.2 MB
バージョン:1.0
開発者:YUKIO TEMMA
カテゴリー:辞書/辞典/その他
リリース日or更新日:2013/05/21
対応機種:iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 6.0 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

このアプリをダウンロード